月間講師MVP


毎月講師のMVPを決定発表いたします。

2013年12月のMVP
磐田南高校卒
山梨大学 工学部 在籍

月間MVPに選んでいただきありがとうございました。
念願のMVP。こんなに早く頂けるとは思っていませんでした。

e-Liveを始めたとき「楽しい時間にしよう」と目標を立て今まで指導してきました。
もちろん、僕も勉強することが好きではありませんでした。
特に学校の授業なんて嫌だ嫌だとずっと思っていました。
学校のように「e-Live60分の指導時間はずっと勉強をしなければいけない」。
こんなことを考えていたらe-Liveが嫌いになってしまうどころか勉強自体にも嫌気を感じてしまいます。これではe-Live本来の目的を達成できないし、講師である僕自身も指導したくなくなってしまうと思い、特に意識してきました。
「上質な勉強方法、勉強に対するやる気を提供する」ことが重要であって問題を解くことは次と考えています。
また、名講師といわれる人々はたくさんいて、僕たち大学生講師が彼らの指導力に敵うかといわれると正直無理です。
その分、生徒と年齢が近く、同じ学生ということを活かして、「先生」というより「先輩」という感覚で親しんでもらうことや、学校の話、つい最近まで受験生であったということからアドバイスをしたりしてきました。

実際の指導で、生徒に「良い話が聞けました。これは是非使わせてもらいます」
「学校の先生より分かりやすい、学校の先生と代わってもらいたい」
「またよろしくお願いします」
と言ってもらえたときは凄く嬉しかったです。

今回MVPに選ばれましたが、もちろん、担当している生徒やそのご家族、e-Liveスタッフの大きなサポートの上、成り立ったものなのでお礼を申し上げたいと思います。
現在の指導に満足せず、より良い指導ができるように僕もこれから勉強です。
担当している生徒に「あの時e-Liveやっていて良かったよ」と思ってもらえる指導を目指して頑張ります。
これからもよろしくお願いします。

 


2013年11月のMVP
慶進高校卒
東京大学 理科一類 在籍

このたびは講師MVPに選んでいただきありがとうございます。

この時期は受験期まっさかりで生徒の緊張も手に取るように伝わってきます。
そんなとき私たち講師がすべきことは二つあるように思います。

まずはもちろん志望校に合格できる学力をつけるための指導をすることです。
生徒の志望を叶えてあげることが家庭教師の最終目標だと思います。

もうひとつは私が最も気をつけていることなのですが、生徒にとって信頼できる存在でいるということです。

今私は主に中学生をうけもっているのですがこの時期は一番多感な時期だと思います。ましてや受験期ともなると情緒不安定になりどうしていいかわからなくなってしまう生徒もいます。
そうした生徒の気持ちを理解し近い位置で寄り添う、これは家庭教師、特にe-Liveの講師は必ずするべきことだと思います。勉強を教えても生徒が講師を信頼できなければ教わる気もなくなります。
また生徒が信頼してくれればスムーズに指導も進められます。
こうした信頼を築くための努力をすることを私は毎回の指導のたびに心がけています。

受験まであと約3カ月となりました。これからが生徒にとっても我々講師陣にとっても正念場です。

気を引き締めて日々の指導をおこなっていきたいと思います。

今回はありがとうございました。

 


2013年10月のMVP
磐田南高校卒
北海道大学 歯学部 在籍

今回は、月間MVPに選んで頂きありがとうございます。
私が指導している生徒さんは受験生で、受験が近づき緊張感が増す中、いかに効率的に実力をあげるか、試行錯誤の日々です。
直前にどれだけ踏ん張るかでいかに結果が変わるか、少しの積み重ねがいかに大きいものか、など、自分も身をもって体験したことをできるだけ強く伝えることを心がけています。

そしてもう一つ、私が指導の際に大切にしていることは、生徒さんとの勉強以外での繋がりです。
共通の趣味やマイブーム、学校の愚痴や笑い話など…
生徒さんが一番生き生きとした顔を見せてくれる雑談が、大好きです。
何でも相談できる友達のような存在になりたいな、といつも思っています。
そこから生徒さんのやる気ポイントを探したり、モチベーションを上げることが出来るし、より濃い指導に繋げていけると思っています。

私が今まで学んだことや教科書には載らない解法を、どんな形で伝えられるかは生徒さん1人1人で違いますが、これからも全力で生徒さんと頑張っていきたいと思います。

ありがとうございました。

 


2013年9月のMVP
宮崎大宮高校卒
宮崎公立大学 人文学部 在籍

二ヶ月前e-Liveを始めたときに講師月間MVPということを教えてもらいました。
いつか自分もなりたい! けど、素晴らしい講師はいっぱいいるからなあと思ったのを今思い出したところです。

本当にe-Liveのスタッフをはじめ、生徒や保護者の方にも感謝しています。

オンラインで授業をすることの良い点と悪い点や生徒の性格ややる気などを常に模索し、どうしたら今回の授業を最高の物にできるのかと毎回授業の進み方に力を入れています。
今でもまだまだですが、この賞をいただきとても自信と勇気になりました。

まず、私は勉強が嫌い、苦手、やる気が出ない子にはそんなに真面目に勉強する必要はないと思います。
だって、したくないと思ったら脳も体も受け付けませんよね!?笑

なぜ大人たちはもっと私たちに勉強させるのかと言うと、それは彼らは大人になって何が重要なのかが分かったからです。
そして、勉強は難しいことではありません。
やる気と忍耐力さえあれば誰でもできます。

だから、このように私たちもたくさんの経験をすれば自然と勉強したくなり勉強が好きになるのです。

好きなことにとことん追求してください!
誰にも負けないぐらい頑張ってみてください!
元気な挨拶でもよし! 部活でもよし!
これが今後、あなたの人生の糧になるのです!

天才は1%のひらめきと99%の努力からなると言います、ぜひ、たくさんのことに挑戦し失敗し、あなただけのひらめきを見つけてください。

 


2013年8月のMVP
小松高校卒
福井大学 医学部 在籍

月間MVPに選んでいただきありがとうございます。
選ばれたというお電話をいただいたときはとてもびっくりしました。
このような賞をいただけるような教え方を自分はまだまだできていないように思えますが、生徒の子たちのおかげでとれたこの賞を励みにさらにいっそう一生懸命、生徒さんたちと一緒に勉強していきたいです。

私はこのe-Liveの家庭教師を始める際、目標としていたのは自分が生徒の子たちのころにこうしてほしかった、ああしてくれたらもっと勉強が楽しかったのになというものを、できる限りしてあげようということでした。
達成できているかはわかりませんが、少しでもそうできるよう心掛けています。

テキストに載っている答え以外の自分の知っている豆知識や違う解き方をできる限り教えて、その中の一つでも生徒の子たちの記憶に残って、何かの時に思い出して役に立てたらいいなと思いながら授業をしています。

完璧な授業は私にはできないですが、少しでもみんなが勉強ってそんな悪いものじゃないなと思える授業ができるよう試行錯誤していきたいです。

いつも一緒に頑張ってくれるみんなのおかげでとれた賞がとてもうれしいです。

 


2013年7月のMVP
灘高校卒
熊本大学 医学部 在籍

こんにちは。

月間MVPに選んでいただきありがとうございます。

ところでみなさんは一人で黙々と勉強できるでしょうか?
残念ながら私はいまだにできず苦労しています。

でも周りが勉強していたり背中を後押ししてくれる環境があればついつい怠けそうになりがちでも知らず知らず実力がついていますよね。
だから一人でできなくても小中学生のみなさんなら当たり前なので気にする必要はありません。

私も試行錯誤の最中ではありますが、指導時間はいつもの皆さんの学習ペースにプラスアルファの負荷を与えることを意識し、一緒に問題をメリハリをつけて考え、生徒の皆さんの良きペースメーカーになれるようこれからも頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

 


2013年6月のMVP
桐蔭学園高等部卒
北海道大学 歯学部 在籍

この度は月間講師MVPに選んでいただきありがとうございます。
最初にMVPに選ばれたとの電話を頂いた時、自分なんかでいいのかとびっくりしましたが、せっかくの機会なのでこの場を借りて小中学生の皆さんに伝えたいことを書きたいと思います。
皆さんは、自分が本気になって打ち込めるものがありますか?
どんなことでもいいです。
勉強でも、部活でも、遊びでも、時間を忘れて熱中できるものを持つということは、凄く大事なことだと思います。
僕自身、もともと勉強はあまり好きではなく、中学、高校時代は部活や趣味にかなり時間を割いていました。
ただ、自分が好きでやっていることでしたので、中途半端にやるのは絶対に嫌で、やるからには最後まで全力でやりきるという考えでやってきました。
自分としては、勉強よりもむしろこれらによって集中力がかなり鍛えられたんじゃないかと思います(笑)
このように、何かしらに没頭することによって鍛えられた集中力と言うのは、自分の好きなものに限らず、勉強や仕事にも通ずるものがあると思います。
また、小学生、中学生の時期は、色々なことに挑戦する絶好の時期であるとも思います。
今、自分の熱中できるものがある人は、できる限り頑張ってみてください。
熱中できるものがまだないという人は、いろんなことにチャレンジしてみて、自分が熱中できるものを探してみて下さい。もし結果がでなかったり、自分の思うようにいかない事があったとしても、それをやっていて良かったと思える時が必ず来ると思います。
僕自身、こんな偉そうなことを言える立場ではないのですが、普段の授業でも、自分の中高の経験からぜひこのことを生徒さんに伝えていきたいなと思って授業をしているので、今回はこのことをテーマに書きました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

改めて、今回はMVPに選んでいただきありがとうございました!

 


2013年5月のMVP
浜松市立高校卒
静岡文化芸術大学 文化政策学部 在籍

このたびは月間MVPに選んでいただき、ありがとうございます。
まさか選んでいただけるなんて思っていなかったので、とても嬉しいです。

講師になって4年目になりますが、これまでたくさんの生徒さんと触れ合って
きました。

私には弟や妹がいないので、自分の弟、妹のように思って、学校の話、友達の話、好きな芸能人の話など毎週生徒さんから聞く話を楽しみにしています。

勉強を始めるきっかけはどんなことでもいいと思います。

行きたい高校ができた。
先生にほめられたい。
もっと知りたいと思った。

私が今大学で勉強していることは、高校のときに授業で学んだことをもっと知りたい!と思ったからです。

一つでもたくさんのことを知って、自分の可能性をどんどん広げていってください!

 


2013年4月のMVP
浜松日体高校卒
静岡県立大学 薬学部 在籍

今回、月間講師MVPに選んでいただきとても嬉しく思います。

e-Liveで講師を始めて1年半、やっと慣れてきたところです。

私の生徒は部活も勉強も何でも頑張れる子が多く、いつも元気に勉強に取り組んでくれます。

しかし、そんな生徒たちの元気のないときや、集中力のないとき、どうしたら前向きに勉強に取り組めるかを毎回考えながら指導しています。
同じ中学生でも一人一人考え方や物事の感じ方は違い、同じ言葉をかけても全員のやる気を引き出すことはできません。

「今日は何かあったのかな?」とか「どうかしたのかな?」と常に考え、最適な言葉をかけられるように努力しています。

勉強をする以前に、まず、e-Liveの1時間が楽しい時間になってほしいです。
そして、実りある時間になってほしいです。

そのために、時には私と生徒お互いの将来の夢を話すこともあります。
夢や目標を持ち、楽しそうに話をする生徒の顔を見ていると、私がたくさんのやる気と元気をもらうことができます。

そんな可愛い生徒たちに私ができることは、楽しく実りある勉強時間を共有することです。嫌いな科目でもe-Liveの1時間なら頑張れるように、少しでもやる気を引き出せるように、これからも全力で指導していきたいと思います。

ありがとうございました。

 


2013年3月のMVP
土浦第一高校卒
慶應義塾大学 文学部 在籍

この度は、講師月間MVPに選んでいただき、本当にありがとうございます。
私の友人たちが受賞しているのを見て、いずれは自分も…と思いながら授業に取り組んできましたが、まさか本当にいただけるとは思ってもみませんでした。
これからも、今まで以上に自覚と責任を持って授業に臨みたいと思っています。

さて、このお仕事を続けるなかで、私たち大学生が小中学生に与える影響というのはとても大きいんだということを改めて実感させられています。
私自身これまで多くの尊敬できる先生方に出会いましたが、そういった先生のものの考え方や言動は、今の自分自身のそれに多大な影響を与えています。
私がそういった存在になりえているとはまだまだ到底思えませんが、自分が授業をするなかで、今まで出来なかったことが出来るようになったり、勉強のみならずさまざまなことへの取り組み方が見違えるように変わったりするのを見ると、やはり生徒たちの考え方や行動に与える影響力は決して小さくないのだと感じます。
そのことは素直に嬉しいですし、大きなやりがいの一つでもあります。
今は毎回、「勉強は楽しんでやるものなんだ」と少しでも感じてもらえるよう、授業づくりをしているところです。

それにしても、生徒の皆さんのひたむきさや素直さには、本当に頭が下がります。
勉強の取り組み方についてアドバイスした次の日に早速、「寝る前にもうひと踏ん張りの1ページ!」と言って頑張っている生徒。なかなか周りには話せないような悩み事を相談してくれる生徒。最初は嫌々勉強をやらされているようだったのに、自分なりにできる限りの勉強をし、授業中に笑顔を見せるようになった生徒。たくさんの魅力と才能、そして無限大の可能性をもった皆さんと一緒に勉強ができたこと、できていることを誇りに思います。
私は教員志望ですが、これから先教壇に立つことができれば、何百人何千人という教え子を持つことになるかもしれません。
それでも、自分自身右も左もわからないまま真剣に向き合った皆さんは、何年経っても私にとってかけがえのない特別な存在であり続けます。

また、「先生に出会えてよかった」と言ってくださったり、未熟な私を支えてくださったりした保護者の方々。
そして、私たち講師のことを信頼して、のびのびと指導できる環境を整えてくださっているe-Liveのスタッフの方々。本当に恵まれた環境のなか指導ができていることを幸せに思います。
この場をお借りして、改めて皆さまに感謝申し上げます。

最後に一つだけ。皆さんは“No Rain No Rainbow”という海外のことわざを知っていますか?
これは日本語で「雨降らずして虹は架からず」という意味ですが、つまりは、失敗することなしに成功にはたどり着けないということです。
これから先、つまずいたり立ち止まったりすることもたくさんあるでしょう。
でも、ぜひその失敗を楽しんでください。
そして、もっと新しいことにチャレンジして、もっともっと失敗してください。
失敗をチャンスだと思って泥まみれになりながら自分を磨けば、
その先に必ず虹は架かりますよ。


 


2013年2月のMVP
浜松北高校卒
東京大学 理科Ⅱ類 在籍

この度は月間MVPに選んでいただきありがとうございます。
生徒さんに対して、このような賞をいただけるほどよい指導ができていたかは分かりません
が、僕の生徒さんに対する気持ちをここで述べたいと思います。

皆さんはまだ小中学生で、勉強以外にも部活や行事など自分が熱中する対象は様々にあると思います。
僕が大切だと思うのは、一つ決めたことを全力でやってみるということです。

そこから得られるものはたくさんあると思います。たとえば’部活を頑張りたい!’と思って、
頑張った人は練習での集中力であったり、勝った時の喜び、負けた時の悔しさをそこで自分の体を持って学ぶことができるのです。

同じことが、勉強でも言えると思います。勉強するときの集中や解けた嬉しさ、結果がでない悔しさ、これらのものは自分の体を持って学ばないと実感しづらいものなのです。
今はまだ小中学生、これらのことを味わう大切な時期です。
十分に体験したら、中学3年生での受験、それから高校へと勉強の面でいい結果を残せるのではないでしょうか。

勉強が嫌いな子は、嬉しさや悔しさといったものを感じることが少ないのではないかと思います。
勉強にたいしてこういった感情を抱けるか、上に行きたいと思えるか、それ次第で勉強に対する気持ちは変わってきます。

このように何か熱中できることを見つけることは、勉強にも役立つのです。
是非皆さんには、自分が真剣に取り組めるものを見つけて頂きたいと思います!

短い文章ですが、最後までお読み頂きたありがとうございました。

 


2013年1月のMVP
岡山白陵高校卒
東京大学 理科Ⅱ類 在籍

このたびは月間MVPに選んでいただきありがとうございます。

今まで受け持ってきた生徒さんには本当にいろいろな子がいました。
勉強が好きな子、嫌いな子、宿題をやってくる子、やってこない子、説明したらすぐわかって
くれる子、わかってくれない子・・・・
何も言わなくても勉強してくれる子の担当になるととても楽です。何事も順調に進んでいきます。
しかし、先生として本当に楽しくてやりがいを感じるのは全然勉強ができない生徒さんの担当になった時です。
初めのうちはちょっと難しいことを言うとすぐにそっぽを向いてしまいます。画面越しで見ても
明らかにやる気がないのがわかります。
仕方ないので私は機嫌を取ります、「○○ちゃんならできるかもしれないよ?」「(ヒントを出して)ほら、できるね、さすが。」いくら勉強が嫌いな子でも宿題は出します。その週の授業で言ったことを使えば解ける問題ばかりを出題します。それなら宿題をやってきてくれるのかというと、そんなに簡単にはいきません。勉強が嫌いだからです。
けれど、成績なんてどうでもいいやと思っている子でもやっぱり問題が自力で解けると嬉しいのです。全然できなかった子が初めて自分で答えを出し、先生が正解!と言ったとき、画面越しにでもその子の目がキラキラしたのがわかります。
私にはこんな風に試行錯誤して勉強をさせようとしたり、生徒さんと駆け引きをしたりするのが大好きです。
うまくいけば、その子は言います。
「先生、もっと問題出して!」
こんなせりふを聞いたときがこの仕事をやっていて一番楽しい瞬間です。
最初のころなら天地がひっくり返っても言わなかったせりふだと思います。
勉強がすべてではありませんが、少しでも勉強をすれば、その子にとっての世界が広がると思います。
私はこれからもこんな風に生徒さんを変えていくお手伝いができればなぁと思っております。
これからもよろしくお願いします。