月間講師MVP


毎月講師のMVPを決定発表いたします。

2015年12月のMVP
麻布高校卒
京都大学理学部 在籍

月間講師MVPに選んでいただき、ありがとうございます。
お電話を頂いた時には、まさか自分のことだとは思わず信じられませんでした。今でも信じられません。

勉強を通じて常に考えていてほしいことはふたつあります。
まずひとつ、成績を伸ばしていく上で復習は欠かせません。間違ってしまった問題はもちろん、そのときたまたま正答した問題にも、嫌がらず何回も、何十回も向き合っていくことが成長につながっていきます。
そしてもうひとつは未知を知り、学ぶことを楽しむことです。好きこそものの上手なれ、ということですね。

私は、小学校から続けているスポーツを、現在も続けております。私の受験の際も、まわりの受験生との勉強時間の差は歴然たるものでしたが、メリハリをしっかりつけていくことで、短時間でも集中して物事に取り組むことで、勉強の質を保ちました。
e-Liveの指導時間という限られた少ない時間の中だけでも、より多くのことに頭を巡らせ、取り組んでもらうことを意識してやってもらっています。

大学の部活では副主将をつとめておりますが、育った環境の異なる他人になにかを伝え、理解させるというのは困難であることを痛感しております。これはe-Liveの指導でも同じで、相手の知識量を把握しながら、それに合わせて教えていかなければなりません。
これからより一層指導力を高めていきたいと思います。


2015年11月のMVP
清水東高校卒
同志社大学社会情報学部 在籍

このたびMVPに選んでいただき、本当にありがとうございます。

最近になってようやく、生徒は私自身をうつしているということを感じるようになりました。どこか集中していなかったり、つまらなそうだったり…それについて悩んだこともありましたが、それは私自身にも問題があると気づいたんです! そこで、まず私からパワーをぶつけていくことにしました。すると生徒さんからも話してくれることや一緒に笑う時間が増え、指導中も集中してくれるようになり、テストの点数にもつながるという驚くほど大きな結果となってかえってきたんです! 今では私の方が負けていられない、頑張らなければと大きなパワーをもらっています。指導の時間は毎週、本当に楽しみです。

勉強の得意不得意は人それぞれですが、一緒に勉強を頑張って得た経験が、今後の自信につながっていくようなものになったらいいなと思っています。私自身がe-Liveの生徒であったとき、素敵な先生方に出会えたことが今でもとても大事なものとして私の中に残っています。小中学生が次のステップへ上がっていくための手助けができることは、本当に素敵なことです。今は私が先生という立場にいるので、私が今までにもらったものを次の生徒につないでいけるように頑張っていきます。

今までたくさん支えてくださったe-Live関係者の皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも精いっぱいやっていきますので、よろしくお願いします。

 


2015年10月のMVP
大館鳳鳴高校卒
北海道大学歯学部 在籍

この度は月間講師MVPに選んでいただきありがとうございます。
嬉しさと驚きが入り混じっていますが、選んでいただいたことへの感謝が一番大きいです。

生徒さんに指導をする中で、限られた時間の中で全てを伝えることはなかなか難しく、自分が生徒さんにわかりやすく伝えることが できたか不安に思うことも多々あります。いつも生徒さんが多くを理解し、それを忘れないような印象的な指導にしたいと思っています が、このような形で成果が表れるのは自分自身を安心させてくれる材料になりますし心から嬉しく思います。

私が生徒さんに指導する中で伝えたいと思っているのは「どうやって勉強するか」ということです。
もちろんわからない勉強を理解し解けるようになるのは基本ですが、生徒さんが継続して「勉強しよう」と思えることはもっと大切 だと思います。
当然ですが、将来の夢があってそれをモチベーションに勉強している生徒さんだけではありません。そんな生徒さんたちが勉強への モチベーションを持てるように、勉強の楽しさを伝えたり、将来に勉強がどうやって生きてくるか話したりすることが必要だと思います。
自分から能動的に勉強しようと思う生徒さんが増え、結果的に成績も上がり、そして楽しんでもらえるように、これからも精一杯が んばって生きたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。

 


2015年9月のMVP
岐阜高校卒
高知大学医学部 在籍

この度は、講師MVPに選んでいただき、本当にありがとうございます。
こんなに素晴らしい賞に選んでいただけて驚くと同時に非常に嬉しいです。

e-Liveやs-Liveを始めてからいろんな生徒に出会えて、お話しができ、働く度に楽しい気持ちにさせてもらっています。
しかし、楽しいことばかりではなく、話を全く聞いてくれなかったりする子も中にはいます。初めは「何でそんなことするんだろう」と思い、非常に悲しくなりました。けれど、その時に自分の話し方とかをふりかえってみると、要点をついて話していなかったり、話を聞いてくれないというイライラが相手にも伝わっていたことに気がつきました。だから、どうやって教えたらもっとわかりやすく聞いてくれるだろうかと考えました。ただ思いついたことを話すのではなく、順序を考えて話ように意識しました。
すると、前よりも、e-Live.s-Liveという場だけでなく、周りにも「説明わかりやすいね」とだんだん言われるようになり、嬉しかったです。相手ではなく、自分にも問題があったと気づかされ、成長することができました。

このような様々な経験ができる場を持たせていただき、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

 



2015年8月のMVP
横浜雙葉高校卒
早稲田大学スポーツ科学部 在籍

この度は月間講師MVPに選んでいただきありがとうございます。
まさか自分がこの素晴らしい賞をいただけるとは思ってもいなかったので嬉しい限りです。

教えるということは難しく、思うようにいかないことも多くあります。つねにどうすれば理解してもらえるかどうすれば覚えられるかどうすれば楽しんでもらえるか試行錯誤しながら指導しております。
しかし、教えるのは楽しく、私のほうも勉強になり日々成長することができます。
生徒ができるようになって成長しているのを感じられたり、生徒や生徒の親御さんからわかりやすいなどお褒めの言葉をいただけることがとてもうれしくもっと頑張ろうと思えます。

教えるにあたって気をつけていることは沢山ありますが、その中でも重要だと考えているのは、できるといいう自信をもってもらうことです。できないことはつまらなくやりたくないと思う人が多いと思います。
解説をする時もただできなかった問題の解説を聞くだけでは生徒はつまらなくてあきてしまいます。なので自分で答えを導きだせるようなヒントを出しながら最後は生徒自身に答えを出させるようにしています。そうすることで自分で解けたという自信をつけることができると思います。できると分かれば勉強も楽しくなりモチベーションになると思います。

まだまだ至らない点も多いですが、もっと生徒にわかりやすく楽しい指導ができるように努力していきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

 


2015年7月のMVP
清水東高校卒
東京大学理科Ⅱ類 在籍

この度は講師MVPという素晴らしい賞に選んでいただき本当にありがとうございます。

この賞のことはなんとなくは知っていましたが、まさか自分が選んでいただけるとは思ってもいなかったので驚きでいっぱいです。


普段の指導で僕が心掛けていることは、「生徒自身に考えさせる」ということです。


僕自身がいち生徒として大学の講義を受ける中で感じることは、ただ教科書の内容を陳列させたり、問題の答えを淡々と述べたりする授業はつまらないということです。なぜそれがつまらないのか?それは、「自分の頭を使ってない」からです。自分の頭を使わずにただ事実の暗記をさせられるというのはつまらないです。でも、「自分の頭を使って考えること」それはとても楽しく面白いことです。自分の脳をフル稼働して問題の答えを見つけ出すこと、今まで見えてなかった意外な物事の関係性を見つけ出すこと、これらは一種の快感です。


指導している中で感じることは、この「考えること」の楽しさをまだ知らない人が多いということです。もちろん成績を上げて目標の高校に入ることも大事ですが、「考えること」の楽しさがわかればまた違う世界が見えてくると思います。


人は楽しいことは自発的にやり出します。そうすれば、わざわざ僕が生徒に「勉め強いる」ことをさせなくても、自ら「学び、習い、考える」ようになるでしょう。そうなってくれるのが僕の理想です。


今後もより良い指導ができるように精進していきたいと思います。ありがとうございました。

 


2015年6月のMVP
浜松北高校卒
北海道大学歯学部 在籍

この度は月間MVPに選んでいただきありがことうございます。


数多くの講師の方がいる中、今回このような賞を受賞できたことを大変嬉しく思います。

これもe-Liveの素晴らしいサポート体制といつも楽しく授業させていただいている生徒、親御さんのご協力があってこそ得られたものだと思うので、これからもその名に恥じぬよう日々精進し、良き講師としていられるよう努力していきたいと思います。


私が教える際にいつも気をつけていることは常に基本に立ち返って考えさせるということです。

パッと見で難しく見える問題も一つ一つは基本の組み合わせであり、基本が身についている子なら知識を引き出すことさえできれば解ける問題がほとんどだと考えています。

ゆえに、問題が難しいと感じた際に自信を持って戻ることのできる地盤=基礎をつくっていくことに力を入れています。

また勉強だけでなく、これから進学するであろう高校、大学での体験や趣味の話を少し盛り込むことによって息抜きとモチベーションアップにつなげることも心がけています。


e-Liveでの指導時間はどうしても限られしまいますが、その中で目一杯教えられるようにしていきたいです。

これからもよろしくお願いいたします。

 


2015年5月のMVP
韮山高校卒
浜松医科大学医学部 在籍

この度は月間講師MVPに選んでいただきありがとうございます。


自分が選ばれたことに未だ動揺を隠しきれません。はじめ連絡が来た時は、何かドッキリではないのでかと疑ってしまいました。(笑)


今の小、中学生は、私が実際に授業を受けていた時よりも難しい範囲を勉強していて、初めて生徒を受け持った時はどのようにアドバイスをすれば分かりやすいのか、とても悩みました。生徒一人一人が悩みを持っていて各々違うので、いまだにどう教えるべきか手探りなこともたくさんあります。

そんな中で私が特に気をつけているのは、自分の教えたいことを生徒に一方的に話さないようにすることです。どの講師の方も実感していると思いますが、パソコン越しに話をしているので、対面の家庭教師よりも生徒の集中力の低下を感じることが難しくはないでしょうか。そのため、集中力が切れる前に生徒に発言させる時間を増やすことが大切だと考えています。英文の和訳を声に出して読んでもらったり、キリのいいところで今教えたところまでに質問はないかと尋ねたり、やり方はたくさんあると思います。また、生徒の発言する時間を増やすことによって、生徒とのコミュニケーションの時間を増やすことにもつながりますよね。



こんな私が指導していて一番嬉しいのは、今までわからなかったところが1つでも2つでも理解できたと生徒が話してくれる時です。これからもその報告がたくさん聞けるように頑張っていきたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 


2015年4月のMVP
北海道札幌南高校卒
北海道大学歯学部 在籍

この度は月間講師MVPに選んでくださりありがとうございます。


このような栄えある賞をいただくことができてとても嬉しく思うと同時に、未だに自分が選ばれたことは何かの手違いではないかとの不安を抱えています。(笑)


初めて生徒さんを受け持ってから約8か月経ちましたが、どうすれば良い指導ができるか、どうしたら生徒さんが勉強を好きになってくれるか、知的好奇心を満たしてあげるにはどういうことが必要か、今も日々試行錯誤しながら指導をしています。


こんな僕がいつも心がけていることは、生徒さんの「わからない」に徹底的に向き合うことです。わからないことや疑問に思うことに対してすぐに答えを示すのではなく、わからないことの根源まで立ち戻って一緒に考えるようにしています。わからないことをわからないまましておくのってきっとモヤモヤすると思うし、なんとなくわかったつもりにさせてしまわないようにするためにも、生徒さんが納得できるまで一緒にやるんです。わからなかったことをしっかりと解決できた時の生徒さんの笑顔、とってもいい表情ですよね。


今回のMVP選出を激励だと思ってこれからも精進していきたいと思います。


e-Liveのスタッフの皆さん、生徒さん、生徒さんの親御さん、これからもよろしくお願いいたします。

 


2015年3月のMVP
四天王寺学園高校卒
福井大学医学部 在籍

この度は月間講師MVPに選んでいただきありがとうございます。
このような賞をいただけるなんて思ってもいなかったので驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。


小学生、中学生の皆さん、勉強は楽しいですか?
机に向かっての勉強を思い浮かべると…楽しいっ!って答える子は少ないと思います。ではなぜ楽しくないのでしょうか。 いろんな理由があると思うのですが、一番多いのは『成績をあげなきゃいけない』というプレッシャーではないでしょうか。 それに対して、部活ってしんどいことも多いけどそれよりも楽しいって思うことの方が多いですよね。それは自分の立てた目標に向かって頑張っているからだと思います。音楽をやっている子なら、演奏会までに完璧に弾けるようになりたいとか、スポーツやっている子なら、大会で勝ちたいって思うからみんな必死で練習する。その練習が辛くても必死で乗り越えようとする。その辛さ以上の喜びが大きな舞台にはあるからです。


勉強、受験も実は同じことなんです。楽器を新しく始める時、まず楽器の持ち方、弾き方、もう覚えることがいっぱいでパンクしちゃいそうなりますよね、でも少し慣れると楽しい!
そう! まさにこれが勉強と同じなのです! 因数分解って何? しーらないっ。これは楽器を持つことを放棄してしまったのと同じ。よくわかんないけどとにかく理解しようと頑張る、出来るようになってくる。出来ると楽しい!
ここまでたどり着ければ勉強は楽しいって思えるでしょう! 楽しいことはまたやりたいって思うから、自分で勉強しようとする。自然と成績もあがります!


みんなどこで詰まるかっていうと『理解すること』だと思います。学校や塾の授業だといろんな学力の子がいるのでクラス全員が理解できる授業をするのって難しい。そこをお手伝いすることが私たち講師の仕事だと思います。分かるって楽しい!勉強って楽しい!って思ってもらえる授業が出来るよう頑張りたいと思いますのでこれからもよろしくお願いいたします。

 


2015年2月のMVP
岐阜高校卒
高知大学 医学部医学科 在籍

この度は月間MVPに選んでいただき、ありがとうございます♪
正直なところ、なぜ私がMVP⁇というような感情ですが、とても嬉しく思っています。

小学生や中学生の勉強を教えていく過程で、私自身も色んなことを学び、生徒たちからたくさんの刺激をもらっています。
私はどちらかというと勉強が好きなタイプだったので、勉強が嫌いな子や苦手意識が強い子に対して、初めは戸惑いもありました。
それでも、なるほど!って顔をしてくれたり、やっと分かった!って言ってくれたりすることが毎回とても嬉しくて、教える楽しさや一緒に考える楽しさを感じるようになりました。

各科目に対する知識を教えることはもちろんですが、勉強の楽しさや学ぶことへの喜びを生徒に教えていきたいと思います。そして、私も生徒たちからたくさんのパワーを吸収していきたいです。

自分の学業と両立しながら頑張っていこうと思いますので、これからもよろしくお願いいたします♪

 


2015年1月のMVP
東京学芸大学附属高校卒
北海道大学 医学部医学科 在籍

この度は月間講師MVPに選んで下さりありごとうございます。
選んで下さったことを光栄に思います。
僕は生徒さんに対して問題を解く早さよりも、確実に理解させることに重きを置いています。
そうすることで1問の理解した力で100問の問題を解くことが出来るようになります。
きちんとした土台を作ることは結果として近道となります。
生徒さんが「なるほど!分かった!」「新しい問題でも解き方が分かる!」と言ってくれるときが何よりも嬉しいです。

また、生徒さんには将来的に自分で勉強のペースを管理できるようになれるようにアドバイスをしています。この自分で管理できる力は生徒さんの今後の人生においてもとても役に立つ力です。生徒さんが中学、高校と部活などの勉強以外のものと勉強とをバランスよく楽しみ、いろんなことを吸収して立派な大人になれるように、時には叱ったりすることもありますが、成長して行く生徒さんに毎週会うのが僕の楽しみになっています。

最後になりますがいつも支えて下さるe-Liveのスタッフさん、協力して下さる生徒さんとご両親さんに心から感謝させていただきます。

今後も頑張って行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。