月間講師MVP


毎月講師のMVPを決定発表いたします。

2016年 12月のMVP
札幌北高校
北海道大学 歯学部 在籍

この度はMVPに選んでいただきありがとうございます。

私がこの仕事をしていて一番に思うことは、毎日生徒さんと話せて、現在学生である私も一緒に勉強頑張ろうという気持ちになれるということです。生徒さんとは本当に友達のような会話をしてくれる子もいて、いつも元気づけられています。

また私が指導するにあたって、一番気を付けていることは、全く同じ生徒さんはいないということです。生徒さんはそれぞれ個性がありますし、勉強の理解度や、自分に合う勉強の仕方などもそれぞれ違います。集団授業と比較してe-Liveの良いところは、一人ひとりに対しそれぞれに合う指導ができることだと思うので、型にはまったような指導は避け、生徒一人ひとりと向き合って、より良い指導をしてあげることを心がけています。

いつもこんなに良い環境を与えてくださっているe-Liveのスタッフの皆様、この場を借りて感謝申し上げます。


2016年11月のMVP
奈良女子大学附属高校
北海道大学 歯学部 在籍

この度は月間講師MVPに選んで下さり、ありがとうございます。
選んで下さったことを光栄に思います。

私が指導の中で最も気を付けているところは生徒がわからないところを素直にわからないと言えるようにすることです。自分自身経験があるのですが、わからない問題を先生に質問したとき、最初のころはわかったふりをしていたのですが、そのままだとずっと理解できるようにはならないということに気づきました。わかるまでずっと質問できること、またわからない問題をわからないと言える先生であることはとても大切なことなんだと実感しました。
したがって、たとえ授業中であってもわからないところは積極的に質問できるような環境であって欲しいという願いから、私はいつもわからないことは正直に言うように指導してきました。どのように伝えればより生徒は理解してくれるか、勉強を楽しいと思ってくれるか日々考えながら授業に臨んでいます。限られた時間をより密度の濃いものにするために今後も精一杯努力していくつもりです。

最後になりますが、いつも支えて下さるe-Liveのスタッフの皆様、勉強に立ち向かっていく熱心な生徒たちとそのがんばりをいつも見守って下さるお父様、お母様に心から感謝致します。

今後も頑張って行きますので、引き続き、宜しくお願い致します。


2016年10月のMVP
静岡高校
浜松医科大学 医学部医学科 在籍

今回MVPに選んでいただきありがとうございます。連絡をいただいた時はただただびっくりしました。
e-Liveの皆さんはいつも優しく接してくださるので、私自身いい環境で家庭教師をさせていただけてとても嬉しく思っています。
私は普段、生徒さんに勉強を楽しく取り組んでもらおうと指導させてもらってます。どうせ勉強しなきゃならないなら楽しんだ者勝ち!という気持ちで生徒さんと接していると、生徒さんも勉強に対して嫌なイメージが減るのか回数を重ねるごとにいい表情になっている気がします。
私と生徒さんとがこのような環境にいられるのは、e-Liveの皆さんが普段から生徒にも講師にも優しく気さくに接してくれるおかげです。これからもその姿勢を参考にさせていただいて、生徒さんと勉強を楽しんでいきたいです。

よろしくお願いします。


2016年9月のMVP
静岡高校
立命館大学 法学部 法学科 在籍

この度は月間MVPに選んでいただき、ありがとうございます!
まさか自分が選ばれるとは思っていなかったのでびっくりしました(笑)

私は今4人の生徒さんと授業をしていますが、一人ひとり悩んでいることは違います。
勉強が苦手。やる気が出ない。苦手なところがいっぱいでもう嫌だー!
という声と向き合っています。

まずは、その声を聞かせてくれたことに私は感謝します。そして、一緒に克服していきたいな、と考えます。自分が生徒さんくらいの年齢の時はどんな考え方だっただろう、と思い出しながら、上から目線ではなく「一緒に考える」ことを意識しています。
時には先輩として、時には同じ目線に立って。 
これからもより良い授業ができるよう頑張っていきます!

最後にいつもお世話になっておりますe-liveスタッフの皆様、お父さまお母さま、そして生徒の皆さん、ありがとうございます。


2016年8月のMVP
静岡県立榛原高校
静岡大学 教育学部 教員養成課程 在籍

この度は月間MVPに選んでいただき、ありがとうございます。

突然知らせを受けまして、嬉しさやら驚きやらで動揺しています(笑)

e-Live指導の上で気を付けていることがあります。
それは、『僕の前では間違えることを恐れるな』ということです。むしろ僕としては、間違えずにスラスラ解けた30問よりも、1時間使って何度も間違った1問の方が価値があると思っていますし、生徒さんがどこで躓いているのかが僕に伝わってくるので今後の指導にも生かせるようになるので、間違いは大歓迎なのです。

それに、分からない事を出来るようにするのが勉強です。分からない事に立ち向かうのだから、当然ミスをしたっていいんです。というより、僕は「ミスしそうだなー」という問題をあえて選んで提示しています。

1時間一緒に勉強するからには、何か一つでもモノにしてもらえるように工夫しようという気持ちは常にあります。だから生徒さんには「自分はココが分かっていないんだ」ということをさらけ出してほしいし、それは生徒さん自身が課題を発見することにもつながります。

これからも、生徒さんが力を付けられるように工夫をしていきたいと思っています。引き続きよろしくお願いします。


2016年7月のMVP
静岡県立沼津東高校
九州大学 芸術工学部 工業設計学科 在籍

この度は月間MVP賞に選んでいただき、本当にありがとうございます。
一年以上ここの講師をさせていただけたこととともに大変誇りに思います。

様々な生徒を受け持つ中で、私が感じたことは生徒さん一人ひとりに合ったやる気の出し方を見つけることの重要性です。
今私は三人の生徒さんを受け持っていますが、宿題や小テストの方法、授業の進め方は三人とも違います。
しかし生徒さんたちの状況は学年や季節とともに刻々と変化します。
ですから今は現状に満足せず、担当の子の今の状況に合わせた方法を常に探求していくことを目標にしています。

生徒の成績が良くなると私も嬉しいですし、悪くなったら私も悩みます。
そうやって生徒さんたちと気持ちを一緒に共有し合いながら、お互い良い方向へ進んでいけるようにこれからも邁進してまいります。

e-liveのスタッフの皆様、親御様、そして何よりいつも頑張ってくれている生徒のみなさんに感謝申し上げます。

まだまだ未熟ではありますが、引き続きよろしくお願いいたします。


2016年6月のMVP
大阪教育大学附属高校卒
京都大学 経済学部 経済経営学科 在籍

この度は講師MVPに選んで頂き、光栄に思います。

生徒が受験するのはまだまだ先ですが、しっかりと成績を上げて志望校に合格できるよう、一緒に頑張っていきます。

指導する際には、ただ単にその問題だけの答えや解法を教えるのではなく、問題の本質的な部分を伝えるようにしています。そうすることで、質的に同じで形が変わっているだけの色んな問題を生徒が解けるようになると考えます。

これからもMVPを何度もとれるくらいになれるよう、努めてまいります。

よろしくお願い致します。ありがとうございました。


2016年5月のMVP
岐阜北高校卒
高知大学 医学部医学科 在籍

指導を始めて半年で講師MVPに選んで頂き、有難うございます。
まさか僕が選ばれるとは思っていませんでした。笑

e-liveでは二人の生徒さんを持ち、s-liveでも何回か授業をさせていただきました。いろいろな生徒さんと笑いながら指導できてとても嬉しかったです。
僕が授業で一番大事にしていることはなるべく笑顔を見せ合うことです。
笑顔があることでお互いの距離もぐっと縮まると思っています。
e-liveの生徒さんとお互い最初は緊張していて、話がなかなか続かなかったのですが、今では話すのが楽しく、僕自身も授業を楽しんでいます。また、e-liveの方から生徒さんが僕の授業を楽しみにしていると教えてもらったときは心から嬉しく思いました。

まだまだ僕には至らないところが多くあり、授業内容など悩むことがありますが、もっと授業を生徒さんと楽しく作り上げ、成績を伸ばしていけるよう努力していきます。そして、距離がさらに縮まって、生徒さんから悩み事などの相談にも乗っていける関係になれたらいいなと思います。

楽しい指導ができる環境を与えていただき本当にありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。


2016年4月のMVP
富士高校卒
浜松医科大学医学部 在籍

この度は講師MVPに選んで頂きまして、誠に有難うございます。連絡を頂いた時は驚きましたが、このような賞を頂けたことを光栄に思い、今後ともより良い指導が出来るよう努力していきたいと思います。

私がe-Liveで生徒と接する際に重要視していることは、生徒と何でも話せるような関係を作っていくことです。生徒にとって先生というよりも、より身近なお姉さんのような存在になることを目指しています。たくさんコミュニケーションをとりながら、生徒の性格や考え方を理解することは、指導を進める上で何より大切です。そうすると、勉強のやり方やペースが掴めない生徒に対しても、一人一人に応じた指導が出来ると感じております。

e-Liveでの指導は私にとって、すごく楽しい時間です。生徒たちが自分の近況を楽しそうに話してくれたり、分からなかった問題が解けるようになって喜んでくれたり。彼らの努力がテストの結果に結びついた時は、2人で大喜びです。e-Liveで私と勉強する時間を通して、少しでも勉強の楽しさを感じてくれたら…と思います。

今回の賞を励みにして、より良い指導を目指していきます。e-Liveスタッフの方々、生徒の皆さん、これからも宜しくお願い致します。


2016年3月のMVP
麻布高校卒
京都大学経済学部 在籍

こちらで指導を始めて一年弱、四人の生徒を受け持つ機会がありました。一人ひとり学力も性格も忍耐力も集中力もやる気も違うので、どうしたらそれぞれにベストな指導をできるかを考えました。僭越な話ですが、それを見つける方法としては生徒をよく見ることだと思います。

例えば数学の問題を解いていく過程をじっと見ていると、そもそもの部分で勘違いしていたり解法の手順が頭に入っていないことがわかります。これは解答用紙を後から見ても気づきにくい部分なのでe-Liveのメリットだと思いました。

他にも雑談や御両親への挨拶で気づくことも多くありました。主に講師方へのメッセージになってしまいましたが参考にしていただければと思います。

最後になりましたがこの度は月間MVPに選んでいただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


2016年2月のMVP
札幌南高校卒
北海道大学歯学部 在籍

この度は月間講師MVPに選んで下さり、ありがとうございます。
選んで下さったことを光栄に思います。

私が指導の中で最もエネルギーをかけている点は、どのように生徒のやる気を引き出すかを工夫することです。
生徒は一人ひとり環境も性格も関心の対象も違うので、一様にやる気を引き出す方法は限られてしまいます。
したがって、生徒の個性を大事にし、一人ひとりに合ったモチベーションの高め方を考え、少しでも勉強に対して楽しいと思えるような指導の組み立てを念頭に置いております。
時には自分が想像していたように指導を進められないこともありますが、そのような時は柔軟に方針を変更し、できるだけ密度の濃い時間になるよう努力しております。
一方で、そのような失敗をする中で自分自身が学ばされることも多くあり、生徒たちにも成長させていただいている実感があります。

最後になりますが、いつも支えて下さるe-Liveのスタッフの皆様、勉強に立ち向かっていく熱心な生徒たちとそのがんばりをいつも見守って下さるお父様、お母様に心から感謝致します。

今後も頑張って行きますので、引き続き、宜しくお願い致します。


2016年1月のMVP
西遠女子高校卒
浜松医科大学医学部 在籍

この度は講師MVPに選んでいただき、本当に有難うございます。
いまだに驚きが大きいですが、素晴らしい賞をいただくことができ、とても嬉しいです。

私が指導で重きを置いているのは、生徒さんに自分の言葉で説明してもらうことです。
自分がどのように考えて解いたのか順序だてて説明してもらったり、私の解説の後に今度は生徒さんに解説し直してもらうなど、な るべく指導後に頭に残りやすい指導をするように気をつけています。
特に数学や理科は、こちらが解説するだけでは生徒さんは分かったつもりになるだけで全く頭に入っていないことが多いです。 自分の言葉で説明してもらうことで、確実に身につけてもらうことを目標にしています。

また、話す機会をたくさん設けると自然とおしゃべりも弾むようになって、色々なことを話すのを毎回楽しみにしています。 学校でのことだったり将来の夢だったり、こちらも沢山元気や刺激をもらっています。

まだまだ私自身不出来な部分がたくさんあると思うので、これからも生徒さんが満足できる指導を目指し、精進していきたいと思い ます。
今回このような機会をいただき、本当に有難うございました。