東大キャンパス見学ツアー

全国の受講生を中心に東京大学の見学を実施しました





聞くと見るとでは大違いでした。

当日は、全国から生徒、保護者が集まり、現役の東大生が東京大学キャンパス内を説明しながら案内、建物の歴史などにも触れつつキャンパス内を見学しました。また、東大の教授による生徒たちに向けた講義も受け、講義後には東大生質問コーナーもあり、生徒だけでなく、保護者からも良い刺激になった。と好評いただきました。



主なカリキュラム-----------------------------
・現役東大生が大学内を案内
・東大の教授によるリアルな講義
・東大生質問コーナー
----------------------------------------------------

※不定期開催




※体験記(一部掲載)

残念ながら雨天でしたが、貴重な体験ができました。
学内の見学は親子ともども楽しむことができ生協での買い物は子供が喜びました。売店がコースに入っていたのは良かったと思います。
講義は中高生には良かったでしょうが、小学生には少し早い内容でした。しかし同伴の親にとっては参考になりました。
質問コーナーは時間の都合とコントロールの兼ね合いもあるでしょうが、子どもたちや参加者からの質問の時間があっても良いと思いました。

「自分で行ける見学おすすめコース」のような情報提供があると面白いと思います。(東大に限らず)

 

東大に初めて行って、とてもおどろきました!!
それは、その広さとすごさです。私は東大に行ったのは初めてだけど、大学すら初めてです。大学は広いということは知っていたけど、思っていたよりも全然広かったです!!植竹小の30倍ぐらいはあるのでは?!と思うくらいでした東大の人たちは、やさしいかな、こわいかな?と最初は不安でした。でもいろいろなことを「やさしく」教えてくれて、うれしかったです。大学4年生の人は、大学kの道や場所を全部覚えているか?と聞いてみたら、1番年上の4年生でも完ぺきには覚えていない人も多いと思うと言われてとてもおどろいきました!!また、東大ツアーのようなイベントができたときには、できれば参加したいと思いました。
大学までまだまだだけど、とても良い経験になりました♥

 

初めて東大の中に入ってすごく広くて良かったし、よい経験となりました。
最後に東大生の話を聞けてよかったです。私も勉強を少しずつ頑張りたいと思いました。ずっと前から東大生はすごいなと思っていましたがキャンパスツアーに行ったら東大生は色々と困難を乗り越えてここまで成長したんだなーと強く思いました。
以上!♡

 

東大キャンパスツアーは私にとって、とても貴重な体験になりました。
キャンパス巡りでは東大の歴史を感じながら、純粋に楽しむことができました。生徒たちもはじめての大学キャンパスを感じることができ、その目がキラキラと輝いているのを見て、こちらもうれしくなりました。
そして、やはり今回のツアーで一番の収穫は月本教授の講演でした。実は私は大学を中退しているのですが、月本教授の話にあった「友人もいない」「何をいたいのかという考えをあまり持っていない」学生でした。大学に入ること、親元を離れることが目的で大学に入ったと言えます。
そのため入学した後に目的を見失ってしまい中退という最悪な選択をしてしましました。今では生徒たちには私のような経験はしてほしくないという気持ちで、塾長をやっています。私ははじめて会う生徒と将来の話をするとき、「やりたいことを今決めろとは言わないけど、今のうちから色んなことに興味を持って、色んな人と出会い、いっぱい話をして、何かをつかんでほしい」と伝えます。今回の月本教授の講演の内容は、この私の考えを後押しして頂けたように感じます。
まちがいなく今後の私の人生においてプラスになる話だったと確信できます。今日を境に、より自分の思い、考えに自信を持って、生徒や親御さんと対面できると確信できます。
そして、ガイドとしていっしょに周って頂いた東大生のみなさん。
本当に楽しかったです。ありがとうございました。
増田君最高です。

 

このツアーに参加する前、東大には興味がなく、よくテレビでやっている東大生の番組を見て変な人がたくさんいるんだと思っていました(笑)
ですが、東大へ行くと歴史的建造物があり、すごいと感じました。
テレビで出ていた東大生がいるかもしれないと思いさがしながら歩いていました。
このようなワクワク感もあり予想以上に楽しく思えました!!
有名な場所にもいきまいた。たとえば・・・赤門や名前は分かりませんが、池にも行きました。
月本教授の講義では、教授が中1でも分かりやすく面白く説明してくれました!
私は、このツアーに参加して楽しかったので中学校でやっている調べ学習の調べる場所を東京ドームや上野動物園、花やしきなどにはしないで、東大にしました!
同級生には「なんでそんなの調べるのー?」など聞かれましたが、私はもっと東大についてくわしく知りたかったのでこれにしました!!
これから、がんばって調べます!
東大に行って、私の気持ちは少し変わった気がします。
勉強面では、もう少し努力しようと思いました。
気持ちが変わったのをきっかけにテストの点を上げるためにがんばります!!
このツアーで気持が替わる人もいると思います!
これから、東大ツアーをひろめていけば私みたいにがんばろー!!と思う人が増えると思います。
貴重な体験をありがとうございました。

 


東大ツアーを通して私は、今まであまり想像できていなかった、『大学』を強く想像出来るようになりました。
特に東大では、とても近い敷地と設備がそろっていて、古いたてものと、新しいたてものがありました。私の中学校にある来とはクラベモノにならないくらい、木々が大きく歴史を感じさせてくれたり、サークルの種類がとても面白いものが多くあっておどろきました。
その中でも今回じっさい見たサークルは「社交ダンス」や「日本酒研究&開発」です。私はサークルの種類は中学校のように「野球」「サッカー」「バスケ」「バレー」「卓球」「美術」といった主要的なもので、かんたんに追加できたりはしないイメージがありました。もちろんそれが悪いわけではないですが、それでは中学と何もかわらず、「物足りないな・・・。」と勝手に思い込んでいて、アニメなどで変わった部活(「かるた」や「ダンス」「合唱」「バンド」など)を見て「やりたい!」と思っても、なかなかできないものだと考えていたので大学の「サークル」の自由性にとてもあこがれました。他にも、大学の先生の話は、中学校のように「この答えはこれです。はい覚えなさい。」という感じではなく、先生の意見や考えを聞き自分の考えをもつようなお話でとても面白く聞くことができました。
今までは、ただばくぜんと「大卒か高卒だけで出世が決まるなら、大学いっておこうかな〜。」位の甘い考えだったのですが、中学校とはまったく違うとてもすごしやすく自分を自由に表現していけるのが大学と知って、今までの考えが一気に「大学に行ってみたい!!」と変わりました。
東大ツアーはテスト前日で「ちょっとな〜」と思っていたのですが、このツアーのおかげで私は、まだうっすらではありますが、大学へのあこがれと、「行ってみたい!!」という気持ちをもつことが出来ています。そのために高校も進学率を意識して選ぼうと思うし、連れて行ってくれた先生やお母さんのために将来にむけて頑張りたいと思います。

今回、東大ツアーに参加してみて、今まで勝手に想像していた東大、東大生のイメージとまったくちがって、おどろきました。
今までのイメージは「運動より勉強!!」「恋より勉強!!」と「勉強第1!!」で、すごく近づきにくく固い考えの(中高生がまったく理解できないような専門用語を使って会話している)人たちが多いのかな、と思っていました。でも実際は自分たちとあまり変わらず、似たような意見を持っている人も何人かいたりしてイメージが変わりました。
そして講演では全然知らない方で、国語の先生という事で、漢字や文法など中1では分からない話をするのかな。と思っていたら全然ちがって、今の日本(今の私たち)の状況であったり、その先の受験や就職の時など今後の話であったりと興味深く、楽しく聞けました。国語といっても、研究しているのは「世界で7人」とものすごく少ないというのを聞いて1教科でも、ものすごく広く大きいというのを知りました。
今回、東大を見てみて、講演を聞いてみて勉強だけではなく、運動などっも他の大学や自分たちと変わらないなと思いました。講演を聞いてみて勉強も楽しくやれば、東大生や好きな事を仕事にできている人のようになれるおではないかと思いました。
良い意味で東大、東大生のイメージが崩れました。

 

今回、東大生の方に東大の中を案内していただき、まず思ったのが、広さと、設備にとてもすごく感動しました。大学に行くこと自体初めてだったので、外を歩いただけでも驚くことがたくさんありましたし、知らないことだらけでした。
そして、一番印象に残っているのが、大学の先生による授業です。日本一の大学の東大生の方でも、多くの人が伝える能力が低く、面接なども苦手だと聞き、とてもびっくりしました。勉強が出来るようにもがんばっていきたいとは思いますが、それ以上に将来社会的に必要とされる人間になりたいと強く思いました。そのためにも、今まであまり意味が無いと思っていたG・Sでのディスカッションや国語や社会での話し合い、数学や理科でも、自分で理解しているものをわからない人にもうまく伝えられるようにすることなど、それぞれの事は将来のために役立つと思って、積極的に参加し、自分の考えを伝える能力をもっと高めていきたいと思いました。
その後の、東大生へのインタビューの時間では、東大に入るためには大量の時間勉強しなければならないと思うのですが、実際に本当のことを聞くと、「携帯やテレビなどの誘惑には負けていた」と私たちと全く違うわけではなく、時間を決めて、それをしっかり守っているというところが、大きな差だとよく分かりました。
バスの中での一問一答なども、ちょっとした時間だけど(特に1,2年の範囲は)、自分の出来ていいないところに気づくことができたし、覚えていない焦りもでてきたので、まだまだ勉強が足りていないと実感し、やる気もわいてきました。
この東大キャンパスツアーで、様々な初めての経験、貴重な体験をさせてもらい、今の自分にもしっかりと目標を持って受験勉強もがんばろうと思うことができました。
とても楽しい東大バスツアーでした!!


東大に行っていちばんよかったことは、今後の学習への意欲が出たことだと思います。
見て、聞いて、触れて、直に大学の雰囲気を感じることができたし、トップ校への憧れをいだきました。自分が将来どんなところで何をしていくべきなのか考えるようになって、その通りにするには今どうすべきか。勉強をするべきだと思えるようになりました。
東大の校舎は広くて大きくてきれいで、とにかく珍しいものを見られました。敷地内にスタバやローソンがあったり、たくさんのいろいろな刺激をうけました。
東大の学生さんに大学や入試にまつわる話をしていただいて、大先輩のリアルな体験談がとてもためになりました。講義後の質疑応答でも、東大志望理由や入学して良かったことがユニークで驚きました。
残念だったのは、図書館が見学できなかったことです。とても大きい図書館ですごく興味がわきました。
教授直々の講義では若者に何が必要かをくわしく教えていただいて、もっと英語の勉強を頑張ろうと思いました。

 

東大キャンパスツアーに行くまで、私は東大に行くことなんて、一生ないだろう。と思っていたけれど、人生で最初で最後になるであろう、体験が出来たので良かったです。
東大は、けっこう古い建物だなと思いました。けれど、その古い感じが「日本一頭のいい大学」だということを表しているなと感じました。
そして、何よりも私が思ったのが、敷地が広すぎて迷子になってしまいそうだなということです。売店でそれぞれお土産屋ごはんを買って赤門に各自集合というときに、道に迷いかけました。(笑)
東大には、池もあって、コイが泳いでいたので、自然が豊だなと思いました。
教授の方のお話は、私にとってむずかしかったけれど、貴重な話を聞かせていただけたので、今後、自分の役に立てばいいなと思います。
東大生の質問コーナーは、とてもおもしろかったです。
すごく頭のいい人たちだから、答えることも、すごいものなんだろうと思って最初は聞いていたけれど、東大に入ろうと思ったきっかけなども、以外と軽いきっかけだったりしたので、私にも希望はあるのかな!?と思いました。(笑)それでも、東大生の方は、たくさん勉強したんだと思ったので、私もいきたい高校にいけるように、人生で2度しかない受験を乗り越えていこうと思いました。
今は、大好きなバスケもあまりできなくて、勉強づくしでツラいけれど、がんばっていくしかないので、がんばろうと思います。

 

天気が悪い中でしたが、子ども達の期待が込もった姿と帰ってきてからの感想を聞くと、良い体験になったと思います。
実際に案内をしてくれた東大生と待っている間や歩きながら色々な話を聞くことができました。反対にどうしてこのキャンパスツアーにこられたんですか?とか大学に行きたいの?など子ども達にも質問してくれたり、少し緊張していた気持ちもほぐれ、楽しく見学することができました。
月本先生のお話は、まず大学の教室・講義とは、というところの雰囲気を実際に感じられ、良い経験になったみたいです。
先生の話術はさすが東大の教授と引き込まられるものでした。
親が聞いてきたことを子どもに話すよりも3人全員がその場でしっかり月本先生の話を聞けたことが何よりだったと思っています。
今はピンとこないこともあるかもしれませんが、何かが心の中に残ってくれるといいなと思っています。

 


※参加していただいた方は、ツアー中に撮った写真を下記より見ることができます。

東大見学ツアー画像ギャラリー

※パスワードがかけられていますので参加していない方は見ることはできません。
※パスワードに関しては各担当に問い合わせください。(万が一掲載不可の写真などあれば連絡ください。)